読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるたの目とは。


漫画「ちはやふる」のなかで、

かるたが“鬼強”な新(あらた)は初心者の千早(ちはや)に向かってこう言います。





「ちはやってええ名やのぅ。


f:id:CORIumn:20161228165546j:plain


これは上の句が“ちはやぶる”で始まる札なんや。

ちはやで取れる札やから、もう千早に見える。

俺の目はそうなってるんや。」




百人一首は上の句の音と、下の句の札が繋がってないと取れないんです。



つまり、新にはこんな感じに見えてます。


f:id:CORIumn:20161228165826j:plain






上毛かるたの場合、

わたしは絵のイメージで取ってます。




「あ」は 白い大きな山、

「て」は お月様に照らされた青い神社、

「よ」は ちょっとえっちなイメージ(笑)




少なくとも、札に書かれている「文字」を見て取ってたら早く取れません。




みんなも「ぶ」(分福茶釜茂林寺)は最初は文字を見て取ってたかもしれないけど、

今は読まれた瞬間、タヌキを探してるんじゃないかな?


f:id:CORIumn:20161228170449j:plain




それこそ、かるたの目でござるよ!!!!!!




無意識にタヌキやツル、はたまたネギを探してたら、

もう完全にかるたの目、開眼しちゃってるから(笑)


f:id:CORIumn:20161228170743j:plain




まだ44枚そう見えてなくても、

クラスメイト44人と仲良くなるような気持ちでいてください。


毎日とは言わなくとも、何回か会っていれば、名前と顔が一致していくのと一緒。


気長に友達になれるのを待ちましょう!




仲良くなれば、名前を呼んだ時、向こうからここにいるよ!って主張してきてくれるはず。